慰安旅行に行くとなれば、まずは行き先を決めて旅館の予約をしなければなりません。人気の観光地や温泉街になれば、とても多くの旅館があります。もちろん、旅館によってサービスの内容、クオリティは異なっていますので、かなり慎重にリサーチして選んでいるという方も多いのではないでしょうか。

こうしてしっかりとリサーチした上で、旅館を選んで予約したとしても、何らかの事情でキャンセルしなければならなくなることもあるでしょう。また、予約した後により理想的な旅館を見つけてしまい、キャンセルしたくなってしまった…そんな方もいらっしゃるかもしれません。

では、一度予約した旅館をキャンセルすることはできるのでしょうか?そして、できる場合はどのくらいのキャンセル料が発生するのかについてもお話しましょう。自分は大丈夫!そう思っていても、キャンセルしなければならなくなってしまうこともあるかもしれません。なので、前もって頭に入れておきましょう。

キャンセル料が発生しないケースもある?

基本的に、キャンセル料についてはそれぞれの旅館で設定されているものであって、具体的なルールがあるわけではありません。なので、旅館によっては宿泊に○日前まであればキャンセル料は発生しないといったケースもあります。まずはそこをチェックしてみましょう。

慰安旅行などの大人数の場合でも、1カ月以上前のキャンセルであれば、キャンセル料が発生しないケースも多いようです。

また、キャンセル時期によって料金が変わるというシステムになっている旅館も少なくありません。例えば、1週間前のキャンセルであれば、料金の30%、3日前であれば50%、前日以降は100%といった形です。

いずれにしてもキャンセルしなければならない場合、できるだけ早い段階で連絡するようにすべきでしょう。

キャンセルは電話で連絡を

メールやウェブ上の専用フォームを用意している旅館も多いですが、キャンセルの場合、できるだけ早くその意思を伝える必要があります。そのため、まずは電話で連絡をし、その上で必要な手続きをとるようにしましょう。

旅行代理店経由での予約の場合は、直接連絡ではなく代理店に連絡を入れてください。代理店経由の場合、旅館ではキャンセル料は発生しなくても、手数料の支払いが必要なケースもありますので、その点もしっかりと確認しておきましょう。

旅館をキャンセルする場合、キャンセル料などが発生するケースもあります。できれば、予約の段階で、その点も確認しておくとより安心です。