慰安旅行は日常から離れてリフレッシュできる絶好のチャンス。毎年これを楽しみにしているという方も多いでしょう。ただ参加するだけであれば、楽しむだけでいいですが、幹事などを任されると、どうプランを立てていいのかわからず、頭を抱えることになってしまう…そんな方も多いのではありませんか?

慰安旅行がうまくいくかどうかは8割はプランによって決まるといっても過言ではありません。プラン立てこそが、まさに幹事の腕の見せ所と言えるでしょう。

そこで、ここでは大満足の慰安旅行プランの立て方をご紹介したいと思います。

まず行き先を決めよう!定番の大温泉街がおすすめ!

プランを立てるには、まずは行き先を決めなければなりません。さまざまなところが候補になると思いますが、やはりおすすめは定番の大温泉街です。

結局いつも温泉だから…とためらってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ温泉街でもエリアによってまったく異なった特徴を持っています。関東からのアクセスの比較的良い熱海温泉と草津温泉でも大きな違いがあります。また、同じエリアであっても複数の泉質がある場合、それを変えるだけでも気分はまったく違います。もちろん、旅館によってもサービスの内容や質はさまざまですので、仮に毎年恒例の温泉街を選んだとしても「前回とまったく同じ」なんてことにはならないのです。

定番の温泉街を選ぶと、慰安旅行がマンネリ化してしまう…そんな風に考えている方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。うまく旅館などをチョイスすることによって、新鮮な気持ちで慰安旅行を楽しむことができるはずです。

旅行代理店の慰安旅行プランを上手に活用して

ゼロからプランを立てるとなると、それなりのリサーチが必要です。しかし、仕事などが忙しく、十分な時間を確保できないという方も多いのではないでしょうか。そこで、旅行代理店などで用意されている「慰安旅行プラン」を上手に利用しましょう。

代理店によっては複数のプランを用意していますし、宴会などこだわりたい部分のみを変更することも可能ですので、自由度もかなり高いのです。また、割引が適用されることも多く、自分ですべて手配するよりもコスト面で有利になることもあるのです。

私が過去利用した代理店の中でのオススメは、一般の団体旅行ならJTB。男性のみの慰安旅行でコンパニオンなど呼びたいという場合は、宴会コンパニオン旅行というサイトがオススメです。

宴会コンパニオン旅行:https://www.compa-yado.net/
JTB:http://www.jtb.co.jp/

しっかりとポイントを押さえれば、それほど時間や手間をかけなくても上手に慰安旅行のプランを立てることができます。幹事に指名されても不安を感じる必要はありません。むしろ、あなたの社内での評価を上げるチャンスと考えましょう。